司法書士業務

相続(最初から最後まで親切丁寧に指導します。)

1. 費用のご案内

基本報酬  
法定相続、公正証書遺言     4万円から
分割協議   5万円から

筆数加算     
1筆 1000円
戸籍等取得費  
1通 1000円
附属書類作成費(遺産分割協議書、相続関係説明図)  
1通 10000円

2. 必要書類

① 亡くなられた方

ア、除籍謄本(14歳から死亡まで)


イ、住民票の除票(本籍記載)又は戸籍の附票  


② 相続する方 

ア、住民票

イ、戸籍謄本

ウ、 印鑑証明書(遺産分割協議のとき)


③ 推定相続人の方

ア、戸籍謄本

イ、 印鑑証明書(遺産分割協議のとき)


④ 相続する不動産の評価証明書


  お忙しい方は当事務所で取得できます。


3. 難しい相続登記

以下の場合は費用が加算されますのでご相談ください

1. 数次相続

数代に渡り相続登記をしていないとき

2. 相続人に認知症の方がおられるとき

後見人の選任

3. 相続人に未成年者がおられるとき

特別代理人の選任

4. 相続人に行方不明者がおられるとき

不在者の財産管理人の選任

5. 相続人が第3順位の兄弟姉妹のとき



参考:当事務所でのお客様の大多数は報酬と登録免許税を含めて総額8万円から 12万円くらいです







 


相続一口メモ

*遺言のすすめ*

遺言書があることにより、相続手続きが簡単になる事が多いです。(特に相続関係が複雑な場合は特にです。)
とりわけ、公正証書による遺言はなお良いでしょう。
自筆遺言は家庭裁判所の検認手続き、そして遺言執行人選任と面倒な手続きが残ることがあるからです。   

*代襲相続*

① 被相続人より先に相続人(子供)が死亡した時は、その子供(被相続人の孫)に相続権が
移行する制度
② 代襲相続が認められるのは、第1順位の子と第3順位の兄弟姉妹が相続権を失った時
のみです。

亡くなった父が生前に知人から土地を買ったが登記未了のまま死亡した

→→→相続人の1人から亡父名義に名義変更できる。
→→→反対の場合もできます。


借金の多い人にすすめる放棄と限定承認

相続を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出る。

① 裁判上の放棄
放棄を申し出ると始めから相続人でなかったことになる。
第1順位の相続人が放棄すれば第2順位が相続人となる。

② 限定承認
プラスの相続財産の範囲以内でマイナス財産を引き継ぐ。
官報記載や清算事務等煩雑なことが欠点である。
相続人2人以上のときは全員一緒にしなければならない。



贈与(相続時精算課税制度の活用)

① 親から子へのマイホームの資金援助
② 夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除
③ 生前贈与(相続の紛争予防)


 財産分与( 離婚 に伴う慰謝料 )


財産分与一口メモ
 
① 市役所に「離婚届」を提出してから財産分与の登記申請となります。
② 子供の「養育費」を月々支払うときは、強制執行認諾の「公正証書」を作成しておくのも一案でしょう。
③ マイホームローンを誰が負担していくのかもはっきりとさせ、「合意書」(実印で印鑑証明 書付)を作成しておきましょう。


農地法の許可と財産分与

協議離婚→→→許可必要
裁判・調停離婚→→→許可不要


抵当権抹消

住宅ローンの完済


売買(土地、家屋)


抵当権設定


会社、法人        会社設立
会社設立、役員変更、本店移動、財団法人、公益法人、社団法人       

事務所紹介

所長 木村 幸志郎
司法書士(第324号)
土地家屋調査士(第1211号)
行政書士(第75100341号)
木村 真梨
土地家屋調査士(第2146号)

営業時間 月-金 9:00~17:00(昼休み12:00~13:00)
休業日   土曜日・日曜日・祝日
(休業日や時間外でもお客様のご都合に合わせて対応致します。)
電話番号 043-485-3609
メール   
k-kimura@s5.dion.ne.jp
お気軽にお問い合わせ下さい。

QRコード

千葉県佐倉市 相続 面倒な登記 プロにお任せください 木村幸志郎事務所